イベント「第3回いもくらべ」を開催いたします(2015年2月14日)

各地のサツマイモを使ったイモ切干のたべくらべイベント「いもくらべ」を開催いたします。
ふるってご参加ください。

日時:2015年2月14日(土)
場所:繭のいえ助産院(JR 西焼津駅北側、徒歩5 分)

詳しくはこちらをご参照ください。→ お知らせ・イベント情報

在来作物・交流セミナーを開催しました(2014年11月2~3日)

2014年11月2~3日に、県内で在来作物の栽培や普及に関わる活動をしている方々を集めて、交流セミナーを開催しました。
1日目は、在来作物研究の先進例である山形在来作物研究会の江頭宏昌先生(山形大学准教授)をお招きし、全国的に注目されている山形の事例について紹介を受けるとともに、各参加者がそれぞれの取り組みについて意見を交換しました。
2日目は、掛川市を訪問して茶畑にある在来ニンニクやコンニャクの畑を見学するとともに、「とうもんの里」においてNPOとうもんの会の活動について紹介を受けました。

トヨタ財団によるレポート

イベント「いもくらべ」を開催いたします(2014年7月5日)

掛川や井川、梅ケ島などの在来イモをふくむジャガイモの食べくらべイベント「いもくらべ」を開催いたします。
ふるってご参加ください。

日時:2014年7月5日(土)
場所:繭のいえ助産院(JR 西焼津駅北側、徒歩5 分)

詳しくはこちらをご参照ください。→ お知らせ・イベント情報

静岡県内の在来作物の情報を集めています!

在来作物は貴重な「畑の宝」ですが、農業の後継者が減っていることや、
その価値が知られていないことによって、このままでは多くが消えてしまう可能性があります。
そこで本研究会では、貴重な「地域の宝」である在来作物を受け継いでいくために、
ひろく静岡県内の在来作物に関する情報を集めています。

チラシはこちら→在来作物の情報募集

みなさまのお家には、タネとりによって先祖から継承してきた作物はありませんか?
庭先や畑の片隅で育てられてきた作物が、とても貴重な価値をもっているかもしれません。
お心あたりがございましたら、ぜひ本研究会まで情報をお寄せください。
「在来作物がどういうものかよくわからない」、「自分の家でも調べてほしい」
といったご質問やお問い合わせも歓迎いたします。

下記のフォームをご利用いただくか、研究会事務局のアドレスまで、メールでご連絡ください。
事務局アドレス:shizuokazairai@gmail.com

トヨタ財団研究助成に採択されました。

2013年度のトヨタ財団助成(テーマ:よりよい未来を築く知の探究)による研究助成の採択が決定しました。
トヨタ財団ホームページ(https://www.toyotafound.or.jp/project/research/)

共同研究A1
「農の「豊かさ」を未来に継承するために―在来作物の利用と保全を例として」(代表・富田涼都)

静岡県内の在来作物とそれをめぐる地域文化に関する調査を進めるとともに、
関係者と連携しながら、知の継承を通じた地域振興という実践的な課題に取り組んでまいります。

お知らせ・イベント情報を追加

静岡在来作物研究会がかかわるイベントの情報を掲載しました。
詳しくはこちら→ お知らせ・イベント情報

1. 「しずおか・アフリカフェスティバル-アフリカの多様な食文化を知ろう!」
日時:2013年7月6日(土)13:00~17:00 場所:静岡県立大学

2. 「食でリフレッシュ!in 池田山—よみがえりのレシピ上映会&シンポジウム—」
日時:2013年7月20日(土)13:30〜16:00 場所:静岡英和学院大