在来作物・交流セミナーを開催しました(2014年11月2~3日)

2014年11月2~3日に、県内で在来作物の栽培や普及に関わる活動をしている方々を集めて、交流セミナーを開催しました。
1日目は、在来作物研究の先進例である山形在来作物研究会の江頭宏昌先生(山形大学准教授)をお招きし、全国的に注目されている山形の事例について紹介を受けるとともに、各参加者がそれぞれの取り組みについて意見を交換しました。
2日目は、掛川市を訪問して茶畑にある在来ニンニクやコンニャクの畑を見学するとともに、「とうもんの里」においてNPOとうもんの会の活動について紹介を受けました。

トヨタ財団によるレポート